SF(すごくふつう)なブログ

記録・メモ・自己啓発・他

Ansibleもくもく会 #1 に参加してきました

今週の木曜日(2018/3/1)に、Ansibleユーザー会主催のAnsibleもくもく会(第1回)に参加してきました。

f:id:lycaon_mk2:20180304181037j:plain

もくもく会開始前の会場(顔が映っている方は、スタンプで消しています)

Ansibleは本当に少しだけ触った程度なので、ほぼ知らない状況での参加でした。

タイムテーブルと概要

  • ~ 19:00
    • 会場入場
    • 恵比寿ネオナートビルというとこでの開催でした。恵比寿といえばガーデンプレイスのイメージだったので、少しわくわく。
  • 19:00 ~ 19:12
    • イントロ
    • もくもく会なので、それぞれのペースでやれることをやってくださいという指示。
  • 19:12 ~ 21:05
    • もくもく
    • Redhat JPの社員の方が何人かいて、気軽に質問できる感じでした。また、Slackのチャンネルも用意されており、もくもくする環境としては最高だったと思います。
    • 僕はansible lightbulb(自習用のエクササイズ集)をひたすらやってました。その途中で、サンプルymlコードに問題を見つけたので、PRを出したりしました。
    • 参加者には一人あたり4台のインスタンスが用意されていて、すぐにlightbulbのエクササイズが始められるという状況。ありがたいです。
  • 21:05 ~ 21:30
    • 発表
    • 4人の発表。以下うろ覚えのメモ。
      • 1人目
        • towerインストールした
        • ジョブスケジューラとか過ごそう
      • 2人目
        • towerインストールした
      • 3人目
        • 自分
        • LightbulbにPR出した、以上
      • 4人目
        • ansible towerとcloudformationの違い
        • ansible towerのほうが優秀

感想

発表者の方は大体Ansible Towerを試している方だったので、Ansibleをすでにプロダクションで使っている方が多いのかな~という印象。Towerは確かに便利そうですが、10ノード以上はコストがかかってくるっぽいので、そこは導入できるチームと出来ないチームで評価は違ってくるのかなと思いました。ただ、やはりlightbulbが全編英語で、そこの壁があるかなと少し思いました。Google翻訳使えば大丈夫ですが、個人的にはきっちり日本語訳されたドキュメントが欲しいです。

余談

発表した人 or ブログ発表者には、Ansibleグッズプレゼントいう特典がありました。僕はAnsibleマグボトルをもらったのですが、これが大変便利で役立っています。本当にありがとうございました。

f:id:lycaon_mk2:20180304182830j:plainf:id:lycaon_mk2:20180304182826j:plain

2018年のほにゃらら

今年は上半期がめちゃくそプライベートで忙しいので、多分何かをガッツリはできないと思ってます。

何となく漠然とやってみたいこととしては、

ぐらいでしょうか。多分そんなにガッツリコーディング出来るモチベもないので、勉強会などに参加しつつゾンビ状態で上半期は過ごそうと思っています。

下半期はどうなっているかわからないですが、もしかしたら北陸行きを考える・着手してるかもしれません。

そんなわけで今年もよろしくお願いします。

退職しました

  • そろそろ転職後1ヶ月経ちそう
  • 前職の同僚に催促されていた

ので書きます。次の転職ではおそらく書かないと思います。

2017年11月末まで株式会社ニジボックスで働いていました。2014年6月に入社したので、かれこれ3年半ぐらいいたことになります。 いろいろと思い出しつつ、Q&A形式で書いてみました。質問者は、私の中の内なる批判者だと思ってください。

なぜ転職したの?

3年ちょい経ったから、というのがマジで主な理由です。私的な話なのですが、数年後に妻の実家(そういえば今年結婚しました)に帰ろうと思っています。実家は北陸の方で、当然IT系の会社が非常に少ないです。なので東京にいるうちに別の会社・業界を経験してみたかったというのが大きいです。もちろん他にもいっぱい理由はありますが、一番大きいのは3年経ったから、ですね。

ニジボックスは嫌だった?

基本好きでした。勤怠はエンジニアに優しい感じで(察してください)、休みもしっかりとれます。特に夏休みとかマジすごいです。夏の期間で好きな時に何日か(年によって変わりますが、5日貰える年も)休めます。正直名の知らないIT企業よりは圧倒的に働きやすい環境であると思います。ただ、ニジボックスはその設立経緯から雇用形態が普通の会社とは異なっている(でも実体は普通の会社と違わない)ので、そこを気にする人は辞めておいたほうが良いかもです。詳しくはニジボックスの採用担当にお問い合わせください。

ニジボックスでは本当にいろいろな経験ができたので非常に感謝しています。親会社であるRのとある部署とのつながりが深く、そこで1年ちょい働いたときの経験や学んだことは、今も何度も記憶の中で振り返ったりしています。また会社のメンバーも基本よい人が多いイメージでした。

でも嫌なとこはあったでしょう?

もちろん、会社というのは組織なので、嫌な部分はあります。

  • 独特な雇用形態
  • 営業のパワーが強い
  • 勝どきの交通の便の悪さ

とかでしょうか。営業のパワーが強いのは、営業と仲良く出来るエンジニアにとっては逆に良いポイントかもしれない(かつやっぱり売上は重要)のでそれ自体悪いわけではない故に難しいです。しかし僕は営業さんが基本苦手なタイプなので、若干辛かったです。あと勝どき駅は明らかに鉄道に対して乗客がキャパオーバーしてます。駅を拡張しているようですが、それでも足りるんでしょうか?

またニジボックスで働きたいと思う?

難しい質問ですね。多分僕が独り身であれば全然働きたい、と言うと思います。ですが、今は既婚で、1,2年後には子供も欲しいという話をしています。その状態でまたあの独特な雇用形態に戻るのは少しリスキーかなという感じがしています。そもそも個人的に、実体が普通の会社と変わらないなら、そちらに制度を合わせるべき、という思いも持っています。結局歪みを引き受けるのは労働者側なので。

また将来北陸の方に行くので、どうやって働くのかもあまりイメージがわかないです(今のニジボックスにはリモートワークの制度も北陸支社もない)。そういう点を考えると、基本出戻る可能性は限りなく低いと思います。

最後に言い残したことは?

ニジボックスは、新卒で入った会社を半年で辞めて、その次に「絶対3年は働こう」という思いで入った会社でした。最初はソーシャルゲームの開発・運営などを経験し、その後会社のピボットに合わせて色々な開発を経験しました。時には会社の悪口なども言ったりしましたが、なんやかんやで3年ちょい在籍し、在籍中に結婚もしました。多分これから先、何度も思い返す時間になるのではと思います。良い時間を過ごせたと思います。

これから先はどうするの?

もう転職済みです。東京だけで出来ることをやって、ある程度満足したら北陸に行こうと思います(実はまだ転職先の上司には言ってないんですが><;)。地方でITエンジニアがどう生きていくのか、フルリモートなのか、それとも地場のITベンチャーなのか、わからないですが、どちらに転んでもいいように常に技術を磨き続けていく所存です!

2017年の目標

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

技術目標

  • Android開発経験をさらに深める
    • 2016年はAndroidにガッツリ関われた年だったので、引き続き2017年も継続したい。幸いなことに当面の仕事もAndroid関係で進められそう。
  • DDDの理解を深める・社内勉強会を開く
    • プライベートはこれかなと。良いアプリケーションを作る術を身につける一年にしたい。
  • Python/Djangoの勉強
    • なんかウェブアプリ作れって言われたら基本これでやりたい。管理画面使いやすすぎてもう離れられない…
  • 機械学習ディープラーニングをちょいとやる
    • とは言ったものの、どこから手をつけて何をするか…pix2pixとかは趣味の絵描きの色ぬりに使えるかも?

生活目標

  • プライベートを頑張る
    • あまり詳細は書けないが、2016年はプライベートも結構激変があった年だった。
    • このままいくと本当にまるで想定していなかった人生を送ることになる可能性もある。人生とは面白いものだと改めて感じた。
  • 肉体改造
    • 体は資本、どんな仕事をするにしても屈強な肉体は役に立つ。
  • 絵の練習
    • 優先度低いが、余裕があればデッサン教室などに通い真面目に習ってみたい。

以上本年の目標です。どれもパッと思いついたものではなく、2016年にやったことを踏まえてこうしたいと思って掲げたものです。2017年も頑張っていきましょう!

2016年の振り返り

2016年は全然ブログを書かない年でした。それに年初にやろうと思っていたこともあまりできなかった年です。

軽くメモ的に2016年を振り返っておきます。

今年1年やったこと

  • 1月から3月
    • 去年からの続きの仕事、アプリ運営(あとインフラ管理)
  • 3月から4月
    • スポット的な仕事、やや転職活動をして見た時期(結局転職はしていない)
  • 4月から7月
    • Reactを使った仕事、フロントエンドをがっつりやった
  • 7月から現在
    • ひたすらAndroidをスクラッチから開発
    • とても良い経験を積めていると思う

1年やったことの総括

  • やりたいと思っていたフロントエンドをがっつりできた1年だった
  • 自分の開発力を今一度静かに受け止めることができたと思う
    • 別に自信が無くなったとかそういう話ではない
  • アプリ開発に関しては、最終的にDDDに関心が行ったのでちょいちょいEric Evansの本は読んでいる
    • とはいえやっぱ分厚い…
  • フロントエンドをがっつりできたので、僕の中ではようやく一通りの開発経験が積めたと感じている

年初の目標の振り返り

  • 閉塞感の解消
    • 解消はまだできていないが、一通りの開発経験が積めたのでこれからかなと思っている
  • 仕事と個人の能力向上の両立
    • フロントがやりたい年だったので、特にプライベートを削ってがっつりやる必要はない年だった
  • もう深く踏み込めない領域に対する未練を断ち切ろう
    • いや、断ち切らなくて良い
  • 機械学習
    • やります(宣言) 特にモバイルと組み合わせる機械学習に興味がある
  • テストコード
  • インフラ
    • 今年は本当に全くインフラを触らなかった。それほど知識が抜けた感はないが、手は動かなくなってるかも
    • ちょっとそこらへんのリカバリーはしていきたい

下書きはチラチラ書いていたのですが、2016年内に公開できませんでした。

当ブログのコンテンツの引用は自由です。